2018 Gastrointestinal Cancers Symposium

2018年1月18日から20日にかけて2018 Gastrointestinal Cancers Symposiumがアメリカ・サンフランシスコにて開催されました。

HGCSGおよび北海道大学病院消化器内科からは下記演題の発表を行いました。

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of cases of prior regorafenib
演者:手稲渓仁会病院 腫瘍内科 石黒 敦 先生

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of tumor location
演者:厚生連高岡病院 消化器内科 小川 浩平 先生

・The Nationwide Screening Project on Plasma Angiogenesis-Related Mediators for the Treatment Selection of Optimal Antiangiogenic Inhibitors in Metastatic Colorectal Cancer : GI-SCREEN CRC-Ukit
演者:北海道大学病院 消化器内科 結城 敏志 先生

・Safety of Administration of Bevacizumab within a Week from Placement of a Totally Implantable Central Venous Port System
演者:北海道大学病院 消化器内科 村中 徹人 先生

同学会のAbstract検索は下記URLから↓

https://meetinglibrary.asco.org/browse-meetings/2018%20Gastrointestinal%20Cancers%20Symposium

ご発表いただきました先生方、各試験にご協力いただきました先生方やその他スタッフの皆様、そして患者様に厚く御礼申し上げます。

引き続きHGCSGから国内外に向けて新たなエビデンスを発信できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

(文責:八木澤 允貴)

コメントをどうぞ