2014 年 11 月 のアーカイブ

◆◇第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2014 年 11 月 30 日 日曜日

2014年11月28日 ニューオータニイン札幌にて第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

今回は,HGCSG定期総会としては30回目となる記念すべき総会で,100名を超える先生方にご出席いただくことができました.

第30回という節目の総会ということもあり,まず始めに北海道大学病院 腫瘍センター 化学療法部 診療教授 小松 嘉人 先生より,これまでのHGCSGの歴史についてご紹介がありました.

続いて,HGCSG事務局 林 秀幸 先生より,最新レポートが発表されました.


その後,HGCSG事務局 中積 宏之 先生より,HGCSGで企画した臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

そして,特別講演として,大腸癌化学療法において世界をリードし続ける,国立がん研究センター東病院 消化管内科 科長 吉野 孝之 先生にお越しいただき,「進行・再発大腸癌治療における新たなエビデンス」と題して,ご講演をいただきました.


ご講演の後には非常に活発な質疑応答が行われました.

最後に,三沢市立三沢病院 坂田 優 先生から,特別発言をいただきました.

御講演いただいた吉野先生,坂田先生はもとより,ご出席いただきました皆様方におかれましては週末のお忙しい時にも関わらず本会へ御参加いただきまして,誠にありがとうございました.この場を借りて心より厚く御礼申し上げます.

今後も引き続きHGCSGから世界へ向けて新たな知見を発信すべく,事務局一同邁進する所存です.今後とも皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中)