‘HGCSG総会’ カテゴリーのアーカイブ

第38回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会

2018 年 7 月 17 日 火曜日

201876日札幌第一ホテルにて第38回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 川本医師より,現在進行中の臨床試験の進捗状況について報告が行われました。

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第相臨床試験

HGCSG1603:初回化学療法に不応の治癒切除不能進行・再発胃癌に対するイリノテカン/ラムシルマブ併用療法の第II相試験

HGCSG1604:消化器癌に対するS-1を含む全身化学療法による眼障害に関する前向き調査研究(EyeDropS study)

消化器癌に対する全身化学療法施行時に発生した無症候性静脈血栓塞栓症に対するエドキサバンの安全性および有効性を検討する多施設共同前向き介入研究(ExCAVE study)

HGCSG1602:定期的なステロイド前投薬を使用する消化器癌全身化学療法施行時に生じる骨密度減少に対するデノスマブの抑制効果(有効性)および安全性を検討する多施設共同前向き介入研究(ESPRESSO-02)

など、多くの臨床試験の進捗状況が報告されました。

次いで、HGCSG事務局 澤田医師より、ASCO2018における消化器癌領域の最新レポートを報告いたしました.

その後、川本医師より、学会発表報告(ESMO GI, ASCO GI)と,新規臨床試験の概要(HGCSG1801HGCSG1802など)について発表が行われました.

学術講演会には国立がん研究センター中央病院 奥坂拓志先生に膵臓癌の化学療法に関する最新の知見についてご講演頂きました。

ご講演いただいた奥坂先生、ご出席いただきました皆様方、週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして誠にありがとうございました。

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべくより一層努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

(文責:中野真太郎)

第36回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会

2017 年 7 月 4 日 火曜日

2017年6月24日ACU-Yにて第36回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました。

始めに、現在登録中のHGCSG試験について事務局の川本より報告をいたしました。

・HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)
・HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)
・HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)
・HGCSG1601:局所進行膵癌に対する一次治療としてのGemcitabine/nab-Paclitaxel併用療法のRetrospective study
など多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

その後、中積よりASCO 2017の最新レポートの報告、結城・中積・川本よりASCO-GI 2017での発表報告、続いて新規臨床試験の紹介(HGCSG1604、HGCSG1602、ExCAVE study)を行いました。

学術講演会には昭和大学江東豊洲病院腫瘍内科准教授 嶋田 顕 先生より大腸がんに対する化学療法の最新の知見についてご講演いただきました。

ご講演いただいた嶋田先生、ご出席いただきました皆様方、週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして誠にありがとうございました。
今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべくより一層努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

(文責 八木澤 允貴)

◆◇第35回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2016 年 12 月 3 日 土曜日

2016年11月27日ニューオータニイン札幌にて第35回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 村中徹人より,海外学会における消化器癌領域の最新レポートを報告いたしました.

その後,HGCSG事務局 川本泰之より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,新規に開始する多施設共同研究の概要などについて発表が行われました.

現在進行中の前向き臨床試験として,

HGCSG1301:切除不能大腸癌 2次治療IRIS/BV投与時の半夏瀉心湯予防投与に対する無作為化比較第二相試験

HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)

HGCSG1503:切除不能進行/再発大腸癌に対するTAS-102のRetrospective study

HGCSG1601:局所進行膵癌に対する一次治療としてのGemcitabine/nab-Paclitaxel併用療法のRetrospective study

など、多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

————–

その後会場を変え、特別講演として,静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 医長 山﨑 健太郎先生より、ご講演をいただきました.

御講演いただいた山﨑先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力して行きたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中 徹人)

◆◇第34回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2016 年 7 月 3 日 日曜日

2016年6月24日ホテルモントレエーデルホフ札幌にて第34回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 原田一顕より,海外学会における消化器癌領域の最新レポートが報告されました.

その後,HGCSG事務局 中積宏之より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況などについて発表が行われました.

現在進行中の前向き臨床試験としては、

HGCSG1301:切除不能大腸癌 2次治療IRIS/BV投与時の半夏瀉心湯予防投与に対する無作為化比較第二相試験

HGCSG1402:切除不能大腸癌 レゴラフェニブによる疲労・倦怠感に対する経口ステロイド剤予防治療の無作為化比較第二相試験

HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1501A:化学療法未治療の進行・再発胃癌に対するSOX (L-OHP: 130mg/m2) Phase II study

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)

など、多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

————–

その後会場を変え、特別講演として,横浜市立大学 臨床統計学 教授 山中竹春先生より、ご講演をいただきました.

御講演いただいた山中先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力してゆきたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中 徹人)

◆◇第32回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2015 年 7 月 6 日 月曜日

2015年6月26日ホテルニューオータニにて第31回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

まず始めに,HGCSG事務局 中積 宏之 先生より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

その後,HGCSG事務局 川本 泰之 先生より,最新レポートが発表されました.

最後に,特別講演として,大阪大学大学院医学系研究科 消化器癌先進化学療法開発学講座 教授 佐藤 太郎 先生より、「QOLを軸とした胃癌化学療法」についてのご講演をいただきました.

ご講演の後には活発な質疑応答が行われました.

御講演いただいた佐藤先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力してゆきたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 澤田)

◆◇第31回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2015 年 3 月 29 日 日曜日

2015年3月13日 札幌グランドホテルにて第31回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

まず始めに,HGCSG事務局 林 秀幸 先生より,最新レポートおよび自験例が発表されました.

続いて,市立札幌病院 消化器内科 副医長 中村 路夫 先生より,市立札幌病院における担がん患者における血栓症についてご講演いただきました.

最後に,特別講演として,国立病院 大阪医療センター 下部消化管外科 科長 池田 正孝 先生をお招きして,担がん患者の血栓症の対策と治療法をご講演いただきました.

ご講演の後には非常に活発な質疑応答が行われました.

御講演いただいた池田先生,中村先生はもとより,ご出席いただきました皆様方におかれましては週末のお忙しい時にも関わらず本会へ御参加いただきまして,誠にありがとうございました.この場を借りて心より厚く御礼申し上げます.

今後も引き続きHGCSGから世界へ向けて新たな知見を発信すべく,事務局一同邁進する所存です.今後とも皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中)

◆◇第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2014 年 11 月 30 日 日曜日

2014年11月28日 ニューオータニイン札幌にて第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

今回は,HGCSG定期総会としては30回目となる記念すべき総会で,100名を超える先生方にご出席いただくことができました.

第30回という節目の総会ということもあり,まず始めに北海道大学病院 腫瘍センター 化学療法部 診療教授 小松 嘉人 先生より,これまでのHGCSGの歴史についてご紹介がありました.

続いて,HGCSG事務局 林 秀幸 先生より,最新レポートが発表されました.


その後,HGCSG事務局 中積 宏之 先生より,HGCSGで企画した臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

そして,特別講演として,大腸癌化学療法において世界をリードし続ける,国立がん研究センター東病院 消化管内科 科長 吉野 孝之 先生にお越しいただき,「進行・再発大腸癌治療における新たなエビデンス」と題して,ご講演をいただきました.


ご講演の後には非常に活発な質疑応答が行われました.

最後に,三沢市立三沢病院 坂田 優 先生から,特別発言をいただきました.

御講演いただいた吉野先生,坂田先生はもとより,ご出席いただきました皆様方におかれましては週末のお忙しい時にも関わらず本会へ御参加いただきまして,誠にありがとうございました.この場を借りて心より厚く御礼申し上げます.

今後も引き続きHGCSGから世界へ向けて新たな知見を発信すべく,事務局一同邁進する所存です.今後とも皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中)

◆◇第29回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2014 年 6 月 21 日 土曜日

2014年6月20日 ニューオータニイン札幌にて第29回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

2014年春のHGCSG定期総会でしたが,約100名近くの先生方に週末のお忙しい中にも関わらずご出席いただくことができました.


まず,HGCSG事務局 中積 宏之 先生より,最新レポートが発表されました.

続いて,HGCSG事務局 福島 拓 先生より,HGCSGのこれまでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

そして,特別講演として,杏林大学医学部 内科学 腫瘍内科教授 古瀬純司先生にお越しいただき,「膵癌治療の新時代に向けて~FOLFIRINOXの実践~」のご講演をいただきました.

ご講演の後には非常に活発な質疑応答が行われ,膵癌治療の新しい治療法であるFOLFIRINOX療法に対する関心の強さが表れておりました.

御講演いただいた古瀬先生はもとより,ご出席いただきました皆様方におかれましては週末のお忙しい時にも関わらず本会へ御参加いただきまして,誠にありがとうございました.この場を借りて心より厚く御礼申し上げます.

今後も引き続きHGCSGから世界へ向けて新たな知見を発信すべく,事務局一同邁進する所存です.今後とも皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中)