‘国際学会’ カテゴリーのアーカイブ

2018 Gastrointestinal Cancers Symposium

2018 年 1 月 25 日 木曜日

2018年1月18日から20日にかけて2018 Gastrointestinal Cancers Symposiumがアメリカ・サンフランシスコにて開催されました。

HGCSGおよび北海道大学病院消化器内科からは下記演題の発表を行いました。

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of cases of prior regorafenib
演者:手稲渓仁会病院 腫瘍内科 石黒 敦 先生

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of tumor location
演者:厚生連高岡病院 消化器内科 小川 浩平 先生

・The Nationwide Screening Project on Plasma Angiogenesis-Related Mediators for the Treatment Selection of Optimal Antiangiogenic Inhibitors in Metastatic Colorectal Cancer : GI-SCREEN CRC-Ukit
演者:北海道大学病院 消化器内科 結城 敏志 先生

・Safety of Administration of Bevacizumab within a Week from Placement of a Totally Implantable Central Venous Port System
演者:北海道大学病院 消化器内科 村中 徹人 先生

同学会のAbstract検索は下記URLから↓

https://meetinglibrary.asco.org/browse-meetings/2018%20Gastrointestinal%20Cancers%20Symposium

ご発表いただきました先生方、各試験にご協力いただきました先生方やその他スタッフの皆様、そして患者様に厚く御礼申し上げます。

引き続きHGCSGから国内外に向けて新たなエビデンスを発信できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

(文責:八木澤 允貴)

◆◇第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2014 年 11 月 30 日 日曜日

2014年11月28日 ニューオータニイン札幌にて第30回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

今回は,HGCSG定期総会としては30回目となる記念すべき総会で,100名を超える先生方にご出席いただくことができました.

第30回という節目の総会ということもあり,まず始めに北海道大学病院 腫瘍センター 化学療法部 診療教授 小松 嘉人 先生より,これまでのHGCSGの歴史についてご紹介がありました.

続いて,HGCSG事務局 林 秀幸 先生より,最新レポートが発表されました.


その後,HGCSG事務局 中積 宏之 先生より,HGCSGで企画した臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

そして,特別講演として,大腸癌化学療法において世界をリードし続ける,国立がん研究センター東病院 消化管内科 科長 吉野 孝之 先生にお越しいただき,「進行・再発大腸癌治療における新たなエビデンス」と題して,ご講演をいただきました.


ご講演の後には非常に活発な質疑応答が行われました.

最後に,三沢市立三沢病院 坂田 優 先生から,特別発言をいただきました.

御講演いただいた吉野先生,坂田先生はもとより,ご出席いただきました皆様方におかれましては週末のお忙しい時にも関わらず本会へ御参加いただきまして,誠にありがとうございました.この場を借りて心より厚く御礼申し上げます.

今後も引き続きHGCSGから世界へ向けて新たな知見を発信すべく,事務局一同邁進する所存です.今後とも皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中)

◆◇中村路夫先生 ACOS2014 Merit Award受賞◇◆

2014 年 5 月 10 日 土曜日

2014年5月2日~5月4日に開催されておりました,第11回アジア臨床腫瘍学会国際会議(The 11th International Conference of the Asia Clinical Oncology Society; ACOS)にて,HGCSG関連研究会であるHOPE(Hokkaido Supportive Care Oncology Project – an Expert Group Initiative)での研究成果を5月3日に市立札幌病院 中村路夫先生がご発表され,ACOS2014 Merit Awordに採択されました.

A Randomized Phase III Trial of Palonosetron Plus Dexamethasone (Day 1) Versus Palonosetron Plus Dexamethasone (Days 1-3) in the Prevention of Nausea and Vomiting Induced by Moderately Emetogenic Chemotherapy not Including a Combination of Anthracycline and Cyclophosphamide: Hokkaido Supportive Care Oncology Project – an Expert Group Initiative (HOPE-01)

acos2014-meritaward

優秀演題にご採択されました中村路夫先生,誠におめでとうございました.

これらも日頃より臨床試験にご参加いただき,患者様の登録にご協力いただいております諸先生方のご努力の賜物でございます.平素より多大なご尽力をいただきましておりますことを心より感謝申し上げます.引き続きHGCSGとしても新たなエビデンスを創出し,世界へ発信すべく邁進して参りますので,今後ともご協力の程,何卒よろしくお願いいたします.

(文責:村中徹人)

2009ASCO GI

2009 年 3 月 11 日 水曜日
 2009115日から17日に、米国 San Franciscoにて2009ASCO GIが開催されました。HGCSGからは、結城よりIRISの最終解析の発表を行いました。

 今回のASCO GIでは、切除不能進行胃癌におけるS-1 + CDDP5-FU + CDDPの比較試験であるFLAGSの結果が発表され、primary end pointである全生存期間において8.6ヶ月と7.9ヶ月と、有意差は認められず、S-1 + CDDPの優越性は示されませんでしたが、毒性においてはS-1 + CDDP群において低い傾向を認め、忍容性が良好であることが示されました。

 

 

(2009ASCO GIレポート詳細版は、後日掲載予定です)

 

 

 

国際学会 欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

2008 年 8 月 27 日 水曜日

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)

2008年9月12~16日   於:スウェーデン、ストックホルム

HGCSG関連 小松発表