第38回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会

2018 年 7 月 17 日

201876日札幌第一ホテルにて第38回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 川本医師より,現在進行中の臨床試験の進捗状況について報告が行われました。

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第相臨床試験

HGCSG1603:初回化学療法に不応の治癒切除不能進行・再発胃癌に対するイリノテカン/ラムシルマブ併用療法の第II相試験

HGCSG1604:消化器癌に対するS-1を含む全身化学療法による眼障害に関する前向き調査研究(EyeDropS study)

消化器癌に対する全身化学療法施行時に発生した無症候性静脈血栓塞栓症に対するエドキサバンの安全性および有効性を検討する多施設共同前向き介入研究(ExCAVE study)

HGCSG1602:定期的なステロイド前投薬を使用する消化器癌全身化学療法施行時に生じる骨密度減少に対するデノスマブの抑制効果(有効性)および安全性を検討する多施設共同前向き介入研究(ESPRESSO-02)

など、多くの臨床試験の進捗状況が報告されました。

次いで、HGCSG事務局 澤田医師より、ASCO2018における消化器癌領域の最新レポートを報告いたしました.

その後、川本医師より、学会発表報告(ESMO GI, ASCO GI)と,新規臨床試験の概要(HGCSG1801HGCSG1802など)について発表が行われました.

学術講演会には国立がん研究センター中央病院 奥坂拓志先生に膵臓癌の化学療法に関する最新の知見についてご講演頂きました。

ご講演いただいた奥坂先生、ご出席いただきました皆様方、週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして誠にありがとうございました。

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべくより一層努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

(文責:中野真太郎)

ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2018

2018 年 7 月 11 日

2018620日から23日にかけてESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2018がスペイン・バルセロナにて開催されました。

HGCSGおよび北海道大学病院消化器内科からは下記演題の発表を行いました。


HGCSG 1403: Phase I trial of oxaliplatin / irinotecan / S-1 (OX-IRIS) as first line chemotherapy for unresectable pancreatic cancer
演者:手稲渓仁会病院 腫瘍内科 石黒敦先生

HGCSG 1301: A Multicenter, Double-Blind, Randomized control phase II trial comparing Hange-shashin-to versus placebo to prevent diarrhea in patients with metastatic colorectal cancer under IRIS/Bev second-line treatment
演者:市立札幌病院 消化器内科 中村路夫先生

HGCSG1503: A retrospective cohort study evaluating the safety and efficacy of TAS-102 in patients with metastatic colorectal cancer: Analysis of cases of prior regorafenib
演者:中通総合病院 外科 進藤吉明先生

HGCSG1503: A retrospective cohort study evaluating the safety and efficacy of TAS-102 in patients with metastatic colorectal cancer: Analysis of GERCOR index
演者:市立函館病院 消化器内科 畑中一映先生

HGCSG1401: A retrospective cohort study evaluating the safety and efficacy of regorafenib in patients with metastatic colorectal cancer: Analysis of risk factors for liver dysfunction
演者:長崎大学病院 がん診療センター 本田琢也先生

NORTH/HGCSG1003: A phase II study evaluating the safety and efficacy of FOLFOX as adjuvant chemotherapy for patients with stage III colon cancer: Comparison with medical oncologists and surgeons
演者:北海道大学病院 消化器内科 結城敏志先生

ご発表いただきました先生方、各試験にご協力いただきました先生方やその他スタッフの皆様、そして患者様に厚く御礼申し上げます。

引き続きHGCSGから国内外に向けて新たなエビデンスを発信できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

(文責:中野 真太郎)

2018 Gastrointestinal Cancers Symposium

2018 年 1 月 25 日

2018年1月18日から20日にかけて2018 Gastrointestinal Cancers Symposiumがアメリカ・サンフランシスコにて開催されました。

HGCSGおよび北海道大学病院消化器内科からは下記演題の発表を行いました。

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of cases of prior regorafenib
演者:手稲渓仁会病院 腫瘍内科 石黒 敦 先生

・A Retrospective Cohort Study Evaluating the Safety and Efficacy of TAS-102 in Patients with Metastatic Colorectal Cancer [HGCSG 1503] : Analysis of tumor location
演者:厚生連高岡病院 消化器内科 小川 浩平 先生

・The Nationwide Screening Project on Plasma Angiogenesis-Related Mediators for the Treatment Selection of Optimal Antiangiogenic Inhibitors in Metastatic Colorectal Cancer : GI-SCREEN CRC-Ukit
演者:北海道大学病院 消化器内科 結城 敏志 先生

・Safety of Administration of Bevacizumab within a Week from Placement of a Totally Implantable Central Venous Port System
演者:北海道大学病院 消化器内科 村中 徹人 先生

同学会のAbstract検索は下記URLから↓

https://meetinglibrary.asco.org/browse-meetings/2018%20Gastrointestinal%20Cancers%20Symposium

ご発表いただきました先生方、各試験にご協力いただきました先生方やその他スタッフの皆様、そして患者様に厚く御礼申し上げます。

引き続きHGCSGから国内外に向けて新たなエビデンスを発信できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

(文責:八木澤 允貴)

第55回日本癌治療学会学術集会

2017 年 11 月 1 日

平成29年10月20日から22日にかけて開催されました第55回日本癌治療学会学術集会において北大病院・結城敏志先生の「切除不能信進行/再発結腸直腸癌症例に対するTAS-102投与症例の後方視的検討:HGCSG1503」市立函館病院・畑中一映先生の「切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401]原発部位による解析」の2演題が優秀演題賞に選ばれました。

本試験にご協力くださいました先生方には厚く御礼申し上げます。

第36回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会

2017 年 7 月 4 日

2017年6月24日ACU-Yにて第36回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました。

始めに、現在登録中のHGCSG試験について事務局の川本より報告をいたしました。

・HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)
・HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)
・HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)
・HGCSG1601:局所進行膵癌に対する一次治療としてのGemcitabine/nab-Paclitaxel併用療法のRetrospective study
など多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

その後、中積よりASCO 2017の最新レポートの報告、結城・中積・川本よりASCO-GI 2017での発表報告、続いて新規臨床試験の紹介(HGCSG1604、HGCSG1602、ExCAVE study)を行いました。

学術講演会には昭和大学江東豊洲病院腫瘍内科准教授 嶋田 顕 先生より大腸がんに対する化学療法の最新の知見についてご講演いただきました。

ご講演いただいた嶋田先生、ご出席いただきました皆様方、週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして誠にありがとうございました。
今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべくより一層努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

(文責 八木澤 允貴)

第89回日本胃癌学会総会報告(2017年3月8日〜10日)

2017 年 3 月 15 日

今回、広島市の広島国際会議場にて第89回日本胃癌学会総会が開催され、北海道大学病院からは結城、中積が参加いたしました。

HGCSG関連では以下の演題を発表いたしました。

北海道大学病院 結城敏志

Feasibility study to evaluate the efficacy of elemental diet with chemotherapy for AGC: HGCSG1202

参加ご施設の先生がたのお力により完遂できた前向き臨床試験でした。HGCSG1202試験にご協力くださり誠にありがとうございました。

今後もHGCSGから新たな知見を発信すべく事務局一同努力してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

(文責・中積)

◆◇第35回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2016 年 12 月 3 日

2016年11月27日ニューオータニイン札幌にて第35回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 村中徹人より,海外学会における消化器癌領域の最新レポートを報告いたしました.

その後,HGCSG事務局 川本泰之より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,新規に開始する多施設共同研究の概要などについて発表が行われました.

現在進行中の前向き臨床試験として,

HGCSG1301:切除不能大腸癌 2次治療IRIS/BV投与時の半夏瀉心湯予防投与に対する無作為化比較第二相試験

HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)

HGCSG1503:切除不能進行/再発大腸癌に対するTAS-102のRetrospective study

HGCSG1601:局所進行膵癌に対する一次治療としてのGemcitabine/nab-Paclitaxel併用療法のRetrospective study

など、多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

————–

その後会場を変え、特別講演として,静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 医長 山﨑 健太郎先生より、ご講演をいただきました.

御講演いただいた山﨑先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力して行きたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中 徹人)

◆◇第34回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2016 年 7 月 3 日

2016年6月24日ホテルモントレエーデルホフ札幌にて第34回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 原田一顕より,海外学会における消化器癌領域の最新レポートが報告されました.

その後,HGCSG事務局 中積宏之より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況などについて発表が行われました.

現在進行中の前向き臨床試験としては、

HGCSG1301:切除不能大腸癌 2次治療IRIS/BV投与時の半夏瀉心湯予防投与に対する無作為化比較第二相試験

HGCSG1402:切除不能大腸癌 レゴラフェニブによる疲労・倦怠感に対する経口ステロイド剤予防治療の無作為化比較第二相試験

HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

HGCSG1501A:化学療法未治療の進行・再発胃癌に対するSOX (L-OHP: 130mg/m2) Phase II study

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(RPMI)

など、多くの臨床試験の進捗状況が発表されました。

————–

その後会場を変え、特別講演として,横浜市立大学 臨床統計学 教授 山中竹春先生より、ご講演をいただきました.

御講演いただいた山中先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力してゆきたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 村中 徹人)

2016 ASCO-GI in San Francisco

2016 年 2 月 6 日

2016121~23日にサンフランシスコにてASCO-GI 2016が開催されました。

HGCSGからも多数の演題発表がありましたので、取り急ぎご報告させていただきます。

北海道大学病院 結城敏志先生
Observational Cohort Study of First-line Bevacizumab with Oxaliplatin or Irinotecan and Fluoropyrimidines in Metastatic Colorectal Cancer: HGCSG0802 : Analysis of early tumor shrinkage (ETS)

北海道大学病院 村中徹人先生
Phase II trial of bolus 5-FU/l-LV regimen as salvage line chemotherapy for oral fluorouracil resistant unresectable gastric cancer : HGCSG1502

市立札幌病院消化器内科 中村路夫先生
Updated analysis: Observation Cohot Study of 1st line Bevacizumab Combined with Chemotherapy in Metastatic Colorectal Cancer (HGCSG0802): Sub-group Analysis by KRAS Exon2 status.

市立札幌病院消化器内科 大場彩音先生
Thromboembolism Incidence in Patients With Gastrointestinal Tract Cancer Receiving Chemotherapy: A Single-Institutional Retrospective Cohort Analysis

秋田赤十字病院腫瘍内科 武藤理先生
Observational Cohort Study of 1st line Bevacizumab Combined with Chemotherapy in Metastatic Colorectal Cancer (HGCSG0802): Sub-group Analysis by the GERCOR index.

KKR札幌医療センター斗南病院腫瘍内科 近藤知大先生
Updated analysis : Phase II trial of Irinotecan/S-1/Cetuximab (IRIS/Cet) as second line treatment in patients with KRAS exon2 wild type metastatic colorectal cancer (mCRC) : HGCSG0902. -Comparison of administration interval in Cetuximab treatment.

手稲渓仁会病院腫瘍内科 石黒敦先生
Prospective observational study forthe impact of short-term periodic intravenous steroid premedication for gastrointestinal cancer chemotherapy on bone metabolism. (ESPRESSO-01 study))

ご参加された先生方、お疲れ様でした。

今後もHGCSGより新たな知見を発信すべく、邁進してゆく次第でございますので、変わらぬご支援・ご指導をよろしくお願い申し上げます。

(文責:澤田 憲太郎)

◆◇第33回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会◇◆

2015 年 12 月 1 日

20151127日ホテルニューオータニにて第33回北海道消化器癌化学療法研究会学術講演会・総会を開催いたしました.

始めに,HGCSG事務局 中積 宏之先生より,海外学会における消化器癌領域の最新レポートが報告されました.


その後,HGCSG事務局 川本 泰之先生より,HGCSGでの臨床試験について,報告された学会・論文等の学術成果と,現在進行中の臨床試験の進捗状況,今年の新しい臨床試験などについて発表が行われました.

新規臨床試験としては、

HGCSG1403:治癒切除不能な膵癌の1次治療に対するオキサリプラチン+イリノテカン+S-1併用療法の第Ⅰ相臨床試験(OX-IRIS)

HGCSG1404:切除不能・再発胃癌に対するS-1+ナブパクリタキセル+オキサリプラチン併用療法の第Ⅰ/Ⅱ相試験(SNOW study)

KSCC1501/HGCSG1501 化学療法未治療の進行・再発胃癌に対するオキサリプラチン+S-1(+トラスツズマブ)療法について検討する第Ⅱ相臨床試験

HGCSG1502:経口フッ化ピリミジン薬剤を含む標準治療に不応・不耐の切除不能進行・再発胃がんに対するbolus 5-FU/l-LV(RPMI)療法の有効性・安全性に関する多施設共同前向き非対照第Ⅱ相臨床試験(G-RPMI

など、多くの臨床試験が発表されました。

————–

その後会場を変え、特別講演として,香川大学医学部 臨床腫瘍学 教授 辻 晃仁先生より、「抗EGFR抗体薬の注意点」についてのご講演をいただきました.



辻先生の人柄が現れた優しい、わかりやすいご講演で、抗EGFR抗体薬には必発であるざ瘡様皮疹、乾燥、爪囲炎などについて細かくご説明いただきました.

その後には活発な質疑応答が行われ、抗EGFR抗体薬を開始する際は間質性肺炎のフォローアップを慎重にするべきであるというご意見や、皮膚障害が出現した場合は抗EGFR抗体薬を早期に休薬したほうがむしろ長く使えるなどのご意見が交わされました.

御講演いただいた辻先生,ご出席いただきました皆様方,週末のお忙しいときにも関わらずご参加いただきまして,誠にありがとうございました.

今後も引き続きHGCSGから新たな知見を発信すべく,事務局一同一層努力してゆきたいと思いますので,今後とも皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げます.

(文責 澤田 憲太郎)